大学生活の眩しい光が、大学生活最後の年に幻だと気づいた。

大学四年生の夏休み。

最後の夏休み。

何かに憑りつかれたように非日常に出かけまくり、それ以外言葉を忘れてしまったかのように「楽しい」と連呼するSNS

ああなんだかそれがきっと普通で、普通ってとっても幸せな日々を過ごすことなんだと、身に染みて実感している。

かくいうわたしは、忙しいバイト生活がひと段落して、日々に余裕ができたものの、その日々を共有する人がおらず、家にいた。

誰かを誘うにしてもお金がなく、他の大学生は時間とお金をどこから捻出しているか疑問に思うほどお金がなく、誘えなかった。

家にいても何をやっても無駄な気がして不安になってしまい続かず、何をやったらよいかわからずとりあえずツイッターを開いてリア垢を見ては、知り合いの充実ぶりを目の当たりにしてしまい病んだ。

大学に通っている間は知り合いがたくさんいて、わたしは大学でも友達が多いと思っていて充実感があった。

サークルの雰囲気に馴染めなくても、サークル以外の繋がりがたくさんあるから大丈夫だと思っていたし、実際今まで困ることはなかった。

しかし、大学四年生になり、大学にあまり行かなくなった今、会おうとしないと人に会えない状況になり、連絡を取り合うような関係の人が少ないということに今更気づいた。

 

蓋を開けてみると、会って遊ぶほどの友達は案外少なかった。

 

友達はたくさんいたほうがいいと考える人と、少数精鋭で濃く付き合ったほうがいいと考える人がいて、どちらが正しいということはないと思う。

わたしは生きている間でなるべくたくさんの人に好かれたいし、たくさん友達が欲しい。

周りにはおそらくそうではない人もいる。

大学では普通に話していたのに、連絡をとるほど親密ではないから、卒業したら会えなくなってしまうだろう人もいて、それが寂しいという話をしたとき、

「じゃあ連絡すればいいじゃん。」

と言われ、まあ確かにそうなんだけれど、わたしの話したニュアンスが全く分かってもらえず、自分とこんなにも感覚の違う人がいるんだなと思い、びっくりした。

この人はおそらく、

 

連絡と(ることができ)る人→友達、遊ぶ

連絡とらない人→友達ではない、この先かかわりもない

 

とはっきりわけているというか、断捨離しているというか、人と広くかかわらない、かかわる必要がない人なんだろうなと思った。

気が立ちやすい時期だったのか、わたしはその方からの頻度の少々多い遊びの誘いに(加え別の訳もあり、)少し疲れてしまっていた。

夏休みの序盤は大学の友達と何度か飲む機会があり、それに加えてその頻度で遊ぶのは精神的にも金銭的にも厳しいと感じ、だからといってその理由で断りづらかった。

 

気の置けないコミュニティが一つあれば十分と考えている人は、他のメンバーがそうではなかった場合、一方的に依存することになってしまう。むしろ仲のいい人の負担になってしまうことがありえる。わたしはそういうコミュニティが複数あるから遊びたい気持ちを分散させることができる。そういうこと、考えたことないのかな……

 

なんて驕り高ぶったことを考えていた。

そのわたしがいま、実は蜃気楼だった友達に気が付いて焦っている。

わたしが遊びたい大学の友達は、''友達''がたくさんいて、遊びたい気持ちを分散させている。

その友達を遊びに誘うのはその人に依存することになってしまうのではないか。

負担になってしまうのではないか。

完全なるブーメランではないか。

 

ブーメランが身体に刺さって痛いし、幸せ自慢のSNSに疲れてしまっているし、治療するにはわたしも心を満たすしかないし。

蜃気楼、消えないで、遊んで友達になろう。

一緒にSNS映えする写真を撮ろう。

いいねの数で、きっとまた病む……

結婚=幸せならば、わたしにとっての幸せとは

「お前、結婚できねーぞ?」

なんで、結婚したいとも言ってないのにそんなこと言われなきゃいけないんだろうと思った。

言わなくとも人類は、人類が結婚したいと思っていると思っているんだろうな。

わたしは言いたくなかったが、言うしかなくなって、

「別に結婚したいと思ってないんだよね、今は。」

と言った。

これを言う度、「あーそういうタイプの人ね。」という顔をされるし、今回も相手はそういう顔をしていた。

付き合ってる人の話になったときも、聞いているだけならいいけれど、話を振られるかもしれないと思うと、聞きながら笑顔が引きつってしまう。

わたし自身は誰かと付き合いたいと思っていなくても、世間がそれを許してくれない。

だから、「付き合ってる人はいないよ。」と言うと「作らないの?」と言われるんだと思ってる。

「付き合ってる人はいない。付き合いたい人もいない。」と言ったときの、それを聞いた相手の、何かを察したような目が嫌い。

その瞬間に相手の中で、わたしを自分より下にランク付けしたのがわかる。

わたしが幸せじゃないみたいな、いずれわかるよ、みたいな目をして。

 

自分の幸せのものさしを相手に当てることでしか相手の幸せを計れないなんて視野が狭すぎるし、そのものさしだって誰かが作ったものかもしれないのに自分のものだって疑わないのね。

 

それが悔しかったのか、異性を意識してみたこともあったけど、異性に異性と思われるのがだめらしく、うまくいかなかった。

 

わたしが好きなのか、女の子が好きなのか、わからないのが嫌で、女の子が好きならわたしじゃなくてもいいじゃないあなたが見てるのはわたしじゃないよわたしを通して女の子を見ているだけだよ。

 

とか思ってしまうめんどくさいだめな女の子(笑)なようで、''彼氏を(妥協して)作る''という行為はわたしには向いてなかった。

今はもうあえて作ろうとしていないし、そもそもわたしの世界にはそんな概念など存在しないような頭で生きている。

それはわたしにとってはすっごく快適で、本来生きやすい生き方なんだと思える。

わたしを通して女の子を見ている奴のために、女の子を見せてあげる必要もなく、自分が着たい服を着て、好きなものを自由に選べて、自由な感性で世界を見て生きる。

今はそれが楽しいし幸せなんだと思うし、それでいいと思っているんじゃなくて、それがいいと思ってる。

いずれ考えは変わるかもしれない、ということは言っておく。

言っておかないと変わった時に「あれ?前はこうじゃなかった?」とか、「やっぱりそうなったか~!」とか野暮な責め方をしてくる人がいるから。

 

あなたがあなたのものさしで以て幸せなら、わたしもわたしのものさしで以て幸せなのよ。

 

 

 

花も最初は種だしね

はてなブログを始めて、他の人のブログを読むようになりました。

いろいろな方の人生を垣間見ているようで楽しいです。

こないだ、この記事を拝見しました。

 

www.procrasist.com

 

すごく、面白いなと、思いました。

確かに、たくさんの方に読まれてるブログって一年以上続いていたり、長く続けられてるものが多いですよね。

ここから発展して、続けることって大事だなって思ったんです。

なに書こうかなあとか、どんな風に書こうかなあとか、いろいろ考えるの楽しいんですけど、こんな世界の隅っこでやってるようなブログでも、一日一エントリできないんですよ。

書きたいことたくさん書き溜めてあって、書いてるうちに鮮度が落ちていくし……

でもそれなりに練らないと書けないし……練るの楽しいし……

こんなことを考えていて、Youtuberってすごいなって思いました。

前までよく見てたんです。はじめしゃちょーとか、瀬戸弘司とか。

曜日を決めて上げてる方も、毎日上げてる方もいますが、それをずっと続けていることってすごいことだなって思って。

何事も継続するのってすごく難しいことじゃないですか、労力のいることじゃないですか。

しかも文字じゃなくて動画なのに、たった何分かの動画で何時間も撮影したり、それを編集したり、想像以上に大変なんだろうなと、それをはてブを始めて実感しました。

Youtuberに限らず、いま人気の人ってそれをやり始めた瞬間から人気者な訳ではなくて、誰かが発見した瞬間に始めた訳でもなくて、続けてきたからこそ、なんだろうなと思いました。

お笑い芸人も、15年以上続けてから人気がでる人もいますし。

Youtube人気はいつまで続くんだろうと思っていましたが、前回の『ゴシップジェネレーション』にコスケ氏が出演されていて、アメリカの動きを見るとこの人気はまだ続いていくだろうとのこと。

 

abema.tv

 

こんな分析してるんですね。かしけー!

 

わたしはなんとか、せめて、週一以内に一エントリーは最低していきたいと思います。

アウトプットになれてきて、考えるのが楽しいですよ!とにかく!

はてブを始めて、続けることの大切さを知るという、思わぬ収穫の話でした。

雑誌読むのにFODいけるよっていう話

前回、こんな記事を書きました。

notozanari.hatenablog.com

ヤマシタトモコ先生の『HER』、ほんとに好きなんですけど、
これ、どこで読んだかというと、FOD(フジテレビオンデマンド)なんです。

fod.fujitv.co.jp

FODで電子書籍の漫画とか、小説とか、買って読めるんですよね。
ほんと好きなんで書籍で欲しくなっちゃってるんですけどね、それはおいといて……
結構前から月額300ポイントコースの会員なんです。
毎月324円支払えば、300ポイントもらえて、そのポイントを使って動画やら電子書籍を購入することができるんです。
『HER』はそのポイントで買いました。
他にも500ポイントのコースとか、いろいろあるんですけど、以前はどれかのコースの会員になれば無料で見れるコンテンツがあったんです。
フジのアナウンサーの動画コンテンツとか(それ目当てに契約したのでそれしか思い出せない)。
しかしながら、2016年8月1日から''FODプレミアムコース''というコースが始まりました。
これは月額888円(税抜)を支払うことで''FODプレミアム''のコンテンツを見ることができまして、今まで見ることのできていた動画も''FODプレミアムコース''のコンテンツになってしまい、毎月959円(?)支払わないと見れなくなってしまったんです。
これに関しては当時まあまあがっかりしまして、でもだからといってもう600円も払って見ても、気持ち的に元は取れないので、継続して視聴することは断念しました。
なのでこれを機に解約しようかなとも思ったのですが、解約すると貯まっていたポイントも使えなくなってしまうんです。
その時点で何か月が継続して契約していたので、ポイントも貯まっていて、無駄にしては勿体ないと、電子書籍を買ってポイントをなくして解約しようと、思うじゃないですか。
それがまあ、ぴったりなくなるようには購入できないんですよねやっぱり。
それにちょっと残ってても「勿体ない~」とか思っちゃうんですよね、貧乏性ですね!!!
結局、「あと何か月か継続してポイントを貯めればあの漫画買えるし、それ買ったらまた考えよう。」と考えその時は解約しませんでした。
そして今も継続して月額会員なのです。漫画貯金だと思って毎月300円貯めているんです。
で、先日、うしろシティのページを読むためにUOMOを読みたくて、でも書店で読むのもなあとか考えていたんです。
一度飲食店に置いてある雑誌にUOMOあって、こっそり読んだんですけど、一つ前の号だったみたいで、(それもディーン・フジオカ木村拓哉が出ていたのでもしかしてと思ったけどもしかしなかった)どっかでこっそり読めないかなーって思ってたんですよね。
漫画読むために、たまたまFOD開いたら、「月額会員雑誌読み放題!」って書いてあって、その時まで知らなくて(というか、FODプレミアムができた時点から読めなくなったと思っていた)これこそもしかするぞ!と思って探してみたら、あったんですよ、UOMO。
恐る恐る「読む」ボタンを押すと、鮮やかな、表紙が、ディーン・フジオカが。

UOMO(ウオモ) 2017年 08 月号 [雑誌]

UOMO(ウオモ) 2017年 08 月号 [雑誌]

ページをめくっていくと、ありましたよ、うしろシティのページ。
これだけかーい!て感じでした。

言いたいことは、ディーン・フジオカて何者なんですかね。ってことではなく、
FOD、見たい雑誌があるなら、払った分ポイントつくので実質無料で読めていいんじゃない?っていうこと。
ただ、書籍はメインコンテンツではないので、種類はそこまで豊富じゃないかもしれません。
そして、他の読み放題サービスと比べた訳ではなく、あくまでわたしの個人的な感想です。
ただ、他の読み放題サービス一度契約したことがあるのですが、普通にお金持ってかれて、種類豊富でも、自分が見たいジャンルの雑誌しか基本読まないので、勿体ない感じがしちゃったんですよね。また勿体ないとか言ってる……
あの、フジの回し者でもないですし、ディーン・フジオカの追っかけでもないです。
そろそろ、漫画貯金がまた貯まってきたので今から何読もうか考え中です。


PS.
UOMO、最後のページまでめくりましたが、結局はまりませんでした。
そもそもファッション雑誌自体が、肌に合わないみたいです。
そしてUOMOに「昨年はバンドカラー、今年はノーカラーがくる!」みたいこと書いてあって笑いました。
それでもバンドカラーのシャツ欲しいんですけどね!
あ、集英社の回し者でもないですよ!!

人類よ、ヤマシタトモコの『HER』を読め

 

 わたし、生まれも育ちも一応女の子。

そして、服にお金をかけていなくはない方だと思ってます。

ですが、所謂女性ファッション誌を一度も買ったことがありません。

 

mini(ミニ) 2017年 8 月号

mini(ミニ) 2017年 8 月号

 

 こんなのとか、 

mer 2017年8月号 [雑誌]

mer 2017年8月号 [雑誌]

 

 こんなのとか、周りが買っているのを見たことがあります。わたしも、他の女性ファッション誌に比べたらこの辺が自分の好みに合っているのではないかなと思います。他の雑誌に比べたら、です。なので、中身を見てみても、載ってる服が欲しい!とか、そういう感情が湧かないので買おうと思いません。

 

そんなわたしがある雑誌を見たとき、「これかわいい」「いいなあ~」という感情が湧きました。欲しくなるようなアイテムが載っていたんです。miniやmerを眺めているときよりもわくわくしました。

 

UOMO(ウオモ) 2017年 08 月号 [雑誌]

UOMO(ウオモ) 2017年 08 月号 [雑誌]

 

 

 それはUOMOでした。

いや、ディーン・フジオカが欲しいとかそういう話じゃないです。

うしろシティのページが見たくて開いたんです。男性ファッション誌って初めて見たんですけど、女性誌を見るより楽しいかもしれないです。

 

30代後半から40代の「アラフォー」男性を対象としている。 

UOMO - Wikipedia

 

 

いや、わたし、仮にも現役JDなんですけど、20代女性なんですけど、対象に一つも当てはまってないんですけど。

そういえば、中学生くらいの頃から、男性の服を真似したいと思って服を買っています。

ファッションのイマジネーションは大体男性から得ます。

男性も着るようなアイテムを可愛く着こなしたいのです。

最近は、バンドカラーのシャツが気になっています。レディースの服屋さんではなかなか見つかりませんが……

 

 

 

ただ、こういう感情というのはあまり理解してもらえるものではないと思っています。前述の通りなので、スカートは穿きません。スカートよりもズボンが好きなので穿かないのですが、その話をしても理解してもらえることはなく、「全然出しても大丈夫だよ~!」と脚にコンプレックスがあるから穿かないと思われたり(コンプレックスがないことはないが、それは直接的な理由ではない)、''一歩踏み出せない女子''のような扱いをされてしまいます。

 わたしも、わたしを理解できない友達の、女の子らしい服装を見て劣等感を覚えたりします。

どうして一般的な女子の感覚を持ち合わせていないのか、一般的な女子の感覚を持っていればどれだけ楽か、だけど、持ってないわたしをわたしが嫌いじゃなくて、きっと好きで、でも苦しいから嫌いになるときもある。

彼氏も、特段欲しい訳じゃないけれど、もし誰かに愛してもらうには女の子らしい服装を求められるのかと思うと、それは苦しい。

自然とスカート好きになるよって言われると、そうならなければいけないと言われているようで、わたしはそうなりたいとは別に思わない。

わたしの好きな服を着てちゃいけないのか、好きな服を着させてくれ。

そんなわたしの気持ちを、すべて代弁してくれているのが、ヤマシタトモコの『HER』です。

 

HER(Feelコミックス)

HER(Feelコミックス)

 

 

CASE1の井出さん、服の趣味は違うけど、わたしかと思いました。

きっと、井出さんにはそこまで共感できないけど、花河さんわかる~っていう人もいるんだろうな。

いろんな女の子に読んでほしい。一般的な女の子には見えていない女の子がいるということ、わたしが一般的な女の子だと思っている子も、一般的な女の子になりたくてもがいてるかもしれないということ。もがく必要があるかは別として。

そして、女子はアボカドとパンケーキ与えれば懐くと思ってるそこの男、あなたにもまた読んでほしい。

女子にも男子にも、全人類に読んで欲しいのです。脳内の人間の種類のデータの幅を、広げてほしいのです。

人類よ、ヤマシタトモコの『HER』を読め。

 

可愛いおじさんも、カッコイイ女の子も、素敵だと思う。アイデンティティを決めるのは、誰かじゃないよ。

今日書こうと思ってたことは、もうちょっと時間が経たないと投稿できなそう。
チキンなので……
はてなブログの使いこなし方はまだ心得てないので、少しずつ改善していけたらいいなと思っています。
お題でブログを書くやつやってみたいので次はそれで書くかもしれません。

タイトルは眠る前のひと言、、

自然となんてうそじゃん

「気が付いたらこうなってました。」

って言って、羨ましい仕事をしている人、いいなあって思う。

なんか自分もそうやって、流れ流れて行きたいところに漂着したかった。

昔から、自分ときたら、

「夏休みが終わるまでにはこれをやりたい!」

「進級するまでにこれをできるようになりたい!」

とか大層な目標を掲げては、なんとなく優先順位が低くって、毎回達成できずにいた。

でもそれは大人になるっていう現実はすっごく遠くにあると思ってたから、後回しにしても大丈夫だと思ってたから、なんじゃないかなと思う。

実際もう達成させないと後がないぞ、ってなってから達成できたからよかったけど。

就職活動はどう足掻いても現実的すぎて、かなり壁際に追い詰められてる気がする。

小学生も中学生も高校生も夢に向かってとか、将来は無限大とか、希望に満ち溢れてるよって言われるし、言われてきたはずなのに、今となっては周りを見渡せばそんなこと言ってられない雰囲気だし、

ステージに立って、あんなにキラキラしてて、自分にとっては有名人みたいな存在だった先輩が、大勢の中の一人になっていくのを見ると辛くて、でも、これが所謂現実なのか、大人になるということなのか、と。

「あなたはまだ若いんだから、これから楽しいことたくさんあるよ。」

って言われても、このままじゃ、何を思って毎日生きてゆくのか、不安しかない。

達成させたい目標があるのなら、壁際の今、やるしかないのかもしれない。

自然と行きたい方に行けた人もいるのかもしれないけれど、自然とそうなりましたなんて、自分の人生ではあるわけない。

そのほうが聞こえがいいからそう言ってるだけだと思ってる、うそじゃんって思ってる。

だから、目標を達成させるために、頑張ってみようかなって思った。

そのために、自分の書く力を試したいなと思った。

ブログを開設した動機はこれです。

日々、ぽつぽつと、思ったことを綴っていけたらいいなと思っています。

それで目標が達成出来たら、

「なんか、気が付いたらこうなってました。」

って言おうと思ってます。

うそじゃん。